2014年06月21日

Vol.68 きおくのふしぎについて。



2004-06-21


posted by ちるにー at 11:47| Comment(3) | 朝のあいさつ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記憶をコントロールできたらいいのに、と思う反面、それを司っている自分の体のどこか、脳なのか心なのか潜在意識なのか、はたまた誕生以前のずっと春か昔からのDNAなのか、そいつに逆らえないことで、時に導かれたり、時に自身で乗り越えたり、時に忘却出来たりするのかな、なんてなことを考えながら、そういう記憶とセットになっているいろいろなことが多いか少ないかで人生が豊かになったり貧しくなったりするんだろうな、って思います。ちかごろ。
Posted by thin-p at 2014年06月22日 00:25
thin-pさんへ

感覚と体験とを結びつけることで ただの暗記よりもしっかりと記憶することができるような気がするので タグ付けのように なにかをくっつけるようにしていきたいと思っています。周りの風景を目に焼き付けたり 香りを吸い込んだり 感情を増幅させたりして。思い出す糸口はきっと 多いに越したことはないから。
Posted by ちるにー at 2014年06月23日 12:42
(*^^*) もぅ大丈夫なのねん♬
Posted by 鶴丸 at 2014年07月07日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。